あなたの現象は、
どの「7つの傷」の投影なのでしょうか?

『拒絶の傷』
きょぜつのきず

拒絶の傷が強い人は、身の回りの人達や、世の中から、『拒絶をされる』ために、「ギャンブルや悪事」にお金を使ってしまったり、脱税で捕まってみたりなど、自分でも、無自覚なまま、お金から逃げようとしたり、お金を受け取らないように拒絶したり、世の中から拒絶されるために、お金と関わりがちです。

『見捨ての傷』
みすてのきず

見捨ての傷が強い人は、他人の関心を得るために、わざわざ借金をしたりなど、 金銭的に困窮した状態を作り出して、周りの人に助けを求めるなど、金銭的な困難な状況を無意識に作り出したりします。

また、見捨てられることへの恐れから、「人間関係において、お金が介在することを避けたい…」という想いが発生して、収入を得たり、経済的なチャンスを逃してしまうことも引き起こしがちです。

『侮辱の傷』
ぶじょくのきず

侮辱の傷が強い人は、「自分を不自由にするため」に、『お金に余裕ができると、自分を自由にしてしまうから、お金を減らさなきゃ…』『私は無価値なんだから、お金という価値を受け取る資格が無い』と反応して、お金を得ることにブレーキを掛ける人が数多くいます。

また、他人からの評価を気にし過ぎて、見栄やステータスのために、高価な車やブランド品を購入するなど、無理な支出をしてしまい、不安定な財政状況をさらに悪化させる人も、数多くいます。

『裏切りの傷』
うらぎりのきず

裏切りの傷が強い人は、人に裏切らせたり、人を裏切ったり、深い裏切られ感を味わうために、 「借金のトラブル、投資詐欺」「投資を任せた人に成果を出させない」など、お金のトラブルを引き起こしがちです。

また、お金をコントロールすることで安心感を得ようとして、お金の管理に関して過度に神経質になったりしますが、強い不安や裏切り感を得るために、金銭面で「コントロールを失う現象」を創り出すことも引き起こしがちです。

『不正の傷』
ふせいのきず

不正の傷が強い人は、「他人を責めたり、非難するため」に、会社などで、上司に不当に低い評価などをさせて、低収入になるように現実を創ったり、お金をだまし取らせるなど、金銭関連面において、『不当に扱わせる』現象をつくりがちです。

また、「不当に扱われたくない」という想いから、『お金という力を手にしよう』と考え、仕事での成功を“お金”で測るようになり、しかし、金銭的なものが豊かになっても、『自分は無力だ』という前提も同時に強化されるので、満足感が得られず、葛藤し続けて、うつになるなど、メンタルが壊れていく人が多いものです。

上記では、「5つの傷」のみを紹介しましたが、他にも、「5つの傷」が創り出す『収入・お金・経済状況』の不具合のパターンは、とても数多くありますし、『自責の傷』『復讐の傷』から発生する『収入・お金・経済状況』の不具合のパターンも、とてもとても数多くあります。

それらの背景には、
《あなたが自分自身を許していない》
ということが隠れています。

そもそも、あなたが内なる自分を「拒絶」しているから、

「拒絶の傷」が創られ、身の回りの人達や、世の中から、そして、お金などからも拒絶され、様々な『拒絶の傷』の現象が創られていきます。

あなたが内なる自分を「見捨て」ているから、

「見捨ての傷」が創られ、身の回りの人達や、世の中から、そして、お金などからも見捨てられ、様々な『見捨ての傷』の現象が創られていきます。

あなたが内なる自分を「侮辱」しているから、

「侮辱の傷」が創られ、身の回りの人達や、世の中から侮辱され、無価値な人扱いされ、お金などからも無価値な人扱いされ、様々な『侮辱の傷』の現象が創られていきます。

あなたが内なる自分を「裏切って」いるから、

「裏切りの傷」が創られ、身の回りの人達や、世の中から裏切られ、お金などからも裏切られるなど、様々な『裏切りの傷』の現象が創られていきます。

あなたが内なる自分を「不当に扱って」いるから、

「不正の傷」が創られ、身の回りの人達や、世の中から「こうあるべき~」という価値観を押し付けられたり、だまされたり、不当な評価や扱いを受けるなど、様々な『不正の傷』の現象が創られていきます。

あなたが内なる自分に対する「罪悪感を放置」しているから、

「自責の傷」が創られ、「幸せになってはいけない…」「喜んではいけない…」と自分を責める現象を創り続けるなど、様々な『自責の傷』の現象が創られていきます。

あなたが内なる自分に対する「強い怒りを放置」しているから、

「復讐の傷」が創られ、復讐の目的で「成功をしよう」と動いて不祥事や事故を起こしたり、復讐の目的で、重い病気になって周りの人達に心配をさせたり、周りの人達の「時間と労力とお金を奪う」など、不可思議な現象を創り続けるなど、様々な『復讐の傷』の現象が創られていきます。

そして、これらの背景にある共通点は、
《あなたが自分自身を許していない》
ということです。

身体健康面も、ビジネスの成果面も、人間関係面も、そして、お金の流れも、何かがおかしい時は、《あなたが自分自身を許していない》ことが隠れています。

改めて、「7つの傷」と「お金」と「私」の関係を見直してみませんか?

人生は一度切りなのですから。

梯谷幸司

下記に必要事項を入力し、
「この内容で申し込む」をクリックしてください。

開催・配信日 【2024年】
6月29・30日(全2日間)
土日/10時~19時頃まで
※終了時間が30分程度遅れる場合もあります。
受講料 110,000円(税込)
支払方法 銀行振込またはクレジットカード(Paypal)
セミナー資料 PDFデータをご提供
申込の流れ (1)お申し込みフォームへのご入力
(2)受講料のお支払い(お申し込みから1週間以内)
(3)お支払い確認完了後、事務局よりご案内をお送りします
その他 ・全2日間のうち、欠席される日程がある場合、
その欠席された日の記録動画を、後日メールにてお送りします。

注意事項 お申し込みの前に必ずご確認ください。
◆ZOOM配信では、他の参加者の方とのエクササイズにも取り組んでいきます。
そして、ZOOM上で、フィートバックなどもしていきます。(ZOOMのブレイクアウトルームを使用)
お申し込み後、【ZOOM URL】や【セミナー資料】などの大切なご案内をお送りします。メールアドレスの間違が無いよう再度ご確認の上、お申し込みください。
お名前
必須
フリガナ
必須
メールアドレス
必須
メールアドレス(確認用)
必須
職業
必須
お支払方法
必須

※当社では、お客さまの個人情報の保護に関し万全を期しております。※ご登録後、完了メールが届かない場合は、迷惑メールボックスもご確認ください。 ※上記にご記入いただいたお名前、メールアドレスはお問い合わせいただいた際に必要となる場合があります。上記の情報をご記入後、お手元に保管をお願いします。